世界は忙しいですね
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

双日、ナミビアで風力発電事業を展開
 アフリカのサブサハラで日本企業が独立系発電事業に参画するのは初めて

ナミビアは国内電力需要の半分以上を南アフリカなど近隣諸国からの輸入に依存。

ナミビアはウラン、ダイヤモンド、天然ガスなどの鉱物資源が豊富


レアアースの埋蔵でも注目されており

双日は、UAGが持つ風力発電事業のノウハウやネットワークを生かし、インフラ開発をはじめとした新規ビジネスに取り組む。

アフリカでは中国が地元民を無視するような現地開発を行っており、現地国家的にはプラスでしょうが、現地国民的には、決してよくない状態。中国の覇権主義は古代からのもので、いまだ変わらずというに過ぎない。中国を見誤ると世界はさらに困難な方向へ行くでしょう。

日本企業は現地の国民に喜ばれる仕事をしてほしいですね。

日本国内には、どうしようもない大企業がたくさんありますが、相手にプラスになる経営をやってほしいですね。


企業は利益だけを追い求めるのか?利益率の計算しかできないアメリカ式の経営の方法が正しいのか?

経済は破綻に向かってるかもしれないのに・・・


末期金融資本主義にすがる日本に未来派ないかもしれない・・・

政治がそうした知識を持ってるはずがなく・・・学校で習わないからね・・・学校秀才が完了になるなんて時代に後れてるわけで・・・


悲しい国日本ですね・・



フランス人は悲観的になってる
 かつて王政が壊滅したとき、それまで上流階級は不満はあまりなかったろう。

市民以下は不満を募らせていただろう。

バスティーユを襲った人々の存在。



巨大な恐竜が滅びたように、ユーロは大きな憂鬱を抱えてる。

新しい多民族国家の誕生。

ゆるいつながりから結束あるつながりへ・・。

しかも経済状況が異なるところへ、共通の通貨持ち込んだ。



フランス人:フランスの抗うつ剤の消費量は欧州で最も多い

日本人:自殺率は世界に冠たる国、うつ病の方も多い


フランス人に負けてませんよ〜って喜ばしいことでは有りませんが・・・


富の再分配が行われるころには、世界のいたるところで、内戦状態でしょう。

あるいは国家を通じた「富の再分配」がおこなわれれば・・・避けられるかもですが。





フランスが大好きな私としては・・・お勧め












世界は、不安におののいている
 ギリシャ問題も、根本的解決は見えないですね。

そこへこのニューヨークの急落・・・

また悪夢が・・・


日本の経済も、いつまでも米軍基地問題ばかりで、今解決すべき問題は山積みなのに・・

自分で、自分の状況を、自由に変えることができれば、一番いいですね

そんなことをやってる人は、いるものなんですね・・


あなたの人生をより素晴らしく変えるキッカケとなることを願って!