世界は忙しいですね
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 梅雨時の口蹄疫 | main | 双日、ナミビアで風力発電事業を展開 >>
フランス人は悲観的になってる
 かつて王政が壊滅したとき、それまで上流階級は不満はあまりなかったろう。

市民以下は不満を募らせていただろう。

バスティーユを襲った人々の存在。



巨大な恐竜が滅びたように、ユーロは大きな憂鬱を抱えてる。

新しい多民族国家の誕生。

ゆるいつながりから結束あるつながりへ・・。

しかも経済状況が異なるところへ、共通の通貨持ち込んだ。



フランス人:フランスの抗うつ剤の消費量は欧州で最も多い

日本人:自殺率は世界に冠たる国、うつ病の方も多い


フランス人に負けてませんよ〜って喜ばしいことでは有りませんが・・・


富の再分配が行われるころには、世界のいたるところで、内戦状態でしょう。

あるいは国家を通じた「富の再分配」がおこなわれれば・・・避けられるかもですが。





フランスが大好きな私としては・・・お勧め












スポンサーサイト
Trackback URL
http://topics-today.jugem.jp/trackback/15
TRACKBACK